ようこそ!創造の広場「アトリエぱお」へ

daihyo_ごあいさつ写真
アトリエぱおは、もうかれこれ20年近く前、1994年の春に国際平和都市「広島」の地に、2人のスタッフと5人のこども達…たった7人で始まった造形とピアノの教室です。
『創造力育ててます』をキャッチフレーズに「自分自身が通いたくなる理想の教室」を目指して、創意工夫をこらしたユニークな取組みにチャレンジし続けて20年。理解ある市民の皆様のお力添えのおかげで、高質かつ独創的な活動を積極的に展開し、いまや10余名のスタッフの下、800人超*の市民の皆さんが「ぱおメソッド」で造形芸術と音楽を楽しみながら、創造力と感性を育む、大変ユニークな場となりました。(*正規会員約480名、講師派遣先のメンバー約320名)
アトリエぱおには幼稚園児から70歳代までの文字通り老若男女が、それぞれの目的を持って集い、お絵描き・工作からデッサン・油絵・版画・ステンドグラス・陶芸・彫刻・デザインに美大受験対策まで、幅広い造形美術やピアノ演奏に取組み、創造的活動を生活の一部として楽しんでおられます。個性豊かな会員同士が、互いに刺激し合いながら創造を楽しむ空間、それが「アトリエぱお」です。
会員の中には、園児さんで通い始めた子が成長し、美術大学に進学、今は講師となって帰ってくるという還流も生まれています。 活動エリアも設立当初の広島市西区/佐伯区から広島市内全域にさらに周辺都市にと、また活動場所も幼稚園や専門学校・大学や社会活動までと、フィールドは徐々に拡がってきました。
私も教育学の研究のために広島大学大学院に通い「創造力の育成」の研究と「ぱお独自のカリキュラム」の整理や「海外のカリキュラム」の導入準備にも着手しています。
今春からは自分の気持ちを感覚的に伝える「英会話」クラスも開設します。またWEBサイトではわれわれ講師陣やぱおOB/OG・作家仲間の作品を購入できるようにもなります。
市民の皆様に支えられながら、ますます充実するアトリエぱおでの創造的活動を皆さんもぜひ、アトリエぱおの仲間たちと共にお楽しみください。

daihyo_face
アトリエぱお造形教育研究所
代表 加藤宇章

←講師派遣ページへ | 教育理念ページへ→